実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2018年04月14日(土)

「生きる力」を爆発させるには?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「日々の心いろいろ」より (プラドレッド)



先日中学生になった男の子と長い時間お話しする機会がありました。楽しかった!

その子は学校に行きたいのに行けません。優しくて敏感な子なので、下界の蠢きを察知し過ぎるのでしょう。

中学の時間割を久々に見て驚きました。6時間授業で、間の休みは10分、これは次の授業の準備と移動で終わります。

給食時間は20分。短かっ。その後クラブ、その後塾。帰ったら宿題。。。ホント大変ですね。私無理です(笑)

先日NHKの番組で、10代の子供達が年間3万人以上が失踪してるそうです。その中には、辞書を持って家出してる子とか(笑)がいて、

どれだけ努力しても親はもっといい成績を望む事に耐えられず失踪との事。

子供達の自殺も多すぎます。発展途上国には自殺者も拒食症もいないんですって。皆んな生きる事に必死だからです。

日本は豊かになって親が子供に向ける目が強過ぎますね。圧半端ない(笑)子供達は悪さをしたりイタズラを楽しんで発散し伸び伸び育ちます。

特に10代の思春期は親に反抗したりイタズラしたりして自立していきます。

細かい事を注意し過ぎて圧力をかけ過ぎると、エネルギーが抑えられなくなってイジメもここまでする⁇という程抑えが効かなくなります。真面目である程。

先日も小学5年生の男の子の背中を見て驚きました。何年も徹夜で働いてるサラリーマン級の硬さ。。。学校に行けない程シンドイのは当然です。

物質だけが豊かになった日本の子供達に必要な「生きる力」をどうすれば発揮させれるか真剣に考えるべき時ですね。