実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2013年11月26日(火)

142.信念は永遠不滅です

画像(180x118)・拡大画像(640x423)

Mさん素敵なバラに感謝。

画像(180x118)・拡大画像(640x423)

沢山の患者さんが癒されてます。


たまに、惚れ惚れするような相の方にお会いします。

よく、師匠が、「人間のスピリットは顔や姿にハッキリと現れますな。」と言われます。

やはり、惚れ惚れする様な方の、志しや信念、行動は群を抜いて魅力があります。

またその方のお顔や姿は、群を抜いて艶があります。

その人に触れただけで、元気になり、ワクワクしてきます。

形の無い気の世界を重視する東洋医学。だからこそ、信念が一番大切なのでしょう。

今日は、鍼灸の道を信念を持って貫き通した母の命日です。まる9年になります。

沢山のお花があちこちから飛んできます。母を知らない人までが母の話しをされます。

不思議な不思議なこの月は、亡くなっても尚、信念が永続してしていくことを教えてくれてるようです。

2013年11月18日(月)

141.空より広い心

画像(180x118)・拡大画像(640x423)

ガーベラの花言葉は希望•神秘



世の中で一番「不可思議」なものは?と問われたら、「心」って答えるでしょう。

思議する事が不可なのです。考えるに及ばない程未知なもの、それが心です。

「海よりも広いものがある。それは空。空よりも広いものがある。
それは人の心だ。」とのヴィクトル・ユーゴーの名言のとおり、

大きくなったり、小さくなったり、優しくなったり、醜くなったり、とにかく心は変幻自在です。

先日、勉強会で師匠が、医療者として「人間を知ること」の重要性を語って下さいました。

その中に、「まず自分を真正面から見つめる事です」とありました。
深い深い、厳しい厳しい一言です。

確かに大変なこと。出来れば避けたいところですが、あらゆる条件が整った時、その大チャンスが訪れます。

それは、実は何より最高に幸せな事です。自分の心を見つめた分だけ、人間の心の広さが分かります。全てに感謝です。


2013年11月14日(木)

140.ALSの患者さん

患者さんには毎日、教えて頂くことばかりです。それも、単純で簡単な教えではありません。
今、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病の患者さんを診させて頂いてます。

これは、手足や喉、呼吸に必要な筋肉がやせて力がなくなっていく病です。筋肉そのものでなく、動きを指令する神経の障害と言われています。知能や感覚は全く正常です。

有名なイギリスの理論物理学者、ホーキング博士も罹患されておられます。私の患者さんも、ホーキング博士の様な、風格と親しみが混在したご尊顔です。同じくご自分の意思で体を動かす事が出来ません。

先日、ご家族の方が、最近しんどそうなんです…と言われました。しんどいんですか?とお顔を近づけて伺うと、
「しんどくないけど、中々呼んでも来てくれない」
それはそれは時間が長く感じますね。
「だから、歌を歌って時間つぶししてる」と言われました。

言葉をご家族よりちょっと先に聞き取れた嬉しさも伴って、思わず爆笑してしまいました。患者さんも、ははっ!っと何時もの笑顔です。何気ない会話ですが心揺さぶられました。

精神は宇宙大です。このような患者さんに触れさせて頂き、人間の心の偉大さに驚かされます。共に歩ませて頂き感謝致します。

2013年11月12日(火)

139.毀誉褒貶(きよほうへん)

11月は我が母の祥月命日です。どこまでも、鍼灸を愛し、人間を愛し、自身の心の汚れに厳しかった母でした。本当に懐かしく、言葉や声が聞こえてきます。

人を励ます時よく「毀誉褒貶は世の常だからね」と言ってました。まるで自分にも言い聞かせてるようでした。

きっと女性の社会進出もこれからという時代の先駆けでしたので、人には言えない苦労があったのだと思います。

毀誉褒貶の毀と貶は、共に「そしる」との意で、誉と褒は、「ほめる」という事です。
つまり、人をそしったり、ほめたり、こんな世間の評判というのは、日常茶飯事ありますよ、

だから、そんな風のように移ろいやすい評判に振り回されず、自分らしく生きなさいとの意味で使ってました。

なかなか、凛とした女性(母)の逞しさがカッコいい、と思いながら聞いてたものです。

自分には自分にしか無い良さがあります。それを開花させる為に、人は健気に、一生懸命に、生きてるのだとつくづく感じますね。

2013年11月07日(木)

138.更年期を考えましょA

更年期障害は、早い人では40歳過ぎから、長い人では何年間も、それらの症状に悩まされる事もあります。早めの治療が大事です。

特に、激しく働いてる人、生活に精神的ストレスが、常にかかっている人、つまりアクセル吹かしっぱなしの人は要注意です。

ここ鍼灸院にも多く更年期の方がお見えになります。

ある方、大きな病院の院長秘書です。朝、起きるとめまいで立ち上がれません。やっと起きても、めまいと嘔吐で仕事になりません。

これは、土台の「腎の臓」が弱ったため、「肝の臓」から、「胃の腑」に影響が及んだのでしょう。

またある方、やる気が失せて死にたくなると言われます。「腎の臓」から「心の臓」に波及してます。

またある方、イライラし過ぎて主人に物を投げつける。離婚しかかる寸前ですと。「腎の臓」から「肝の臓」へ酷く熱化してる状態です。

酷さの程度は人それぞれ差がありますが、皆さんお元気になられました。真っ暗なトンネルに一条の光…これが鍼の効果です。

【 過去の記事へ 】