実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2014年06月10日(火)

40.日々の臨床から

画像(180x135)・拡大画像(300x225)

食道癌から肺がん転移の男性患者さん。化学療法はこれ以上出来ないと、自宅にて経過観察とのこと。よくある酷い話です。

退院後、弱りきって車椅子で来院されました。

両足が象の足ほどむくみ、歩行困難でしたが、

治療する度にむくみが減少し、真っ白だった顔色に赤味がさしてきました。

沈んでいた肺経のツボも反応し、咳も和らぎ眠れるように。

師匠の教え、多面的観察が本当に役立っています。

いくら化学療法で痛めつけられていても、ガンが広がっていても、身体は蘇生しようと必死です。

その蘇生力は、驚くほどです。鍼をどうやって無下にするのですか。尊敬すべき鍼です。







2014年06月05日(木)

39.医療のあり方

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

父の、手術も放射線も抗がん剤も、何もしないでね、との要望に応えて、

兄とほぼ毎日、鍼灸治療をして身体を整えています。

両手に鍼灸師…父は、「気持ちいいなぁ、こんな優しい治療有難い」と本当に幸せな顔です。

ガン患者さんの中には、ガンをトコトン叩く治療を望まない。と言われる方、これからも増えていくでしょう。

環境、年齢など、様々な要素が絡んでいますが、選択肢の中に、三大療法無し。これも普通になっていくのも有りですね。

ますます、多様化、変化の激しい時代。様々な選択肢と、万全な体制が望まれます。

2014年06月01日(日)

38.医療のあり方

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

毎日の診療は、「(調子は)どうですか?」から始まります。

患者さんから、「グタグタです。」「いい感じです。」「先生〜最悪〜」などなど、表情と共に様々な表現。患者さんを感じる事、日々楽しみです。

この何気ない会話から、気の交流が生まれます。

どうですか?と、相手の状態を伺う、心配する、心からの一言、大切です。

大変な時の、この声かけ、医療に関わらず、心に染み入ります。

心こそ通じる、心こそ大切…反対に、心の無い医療は、何をやっても無意味ですね。