実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2018年05月25日(金)

「共生的進化論」は宇宙のリズム?

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

「日々の心いろいろ」より (わたらせ)


先日、知り合いの鍼灸師の方が「進化論がどうしても腑に落ちない」という事を言われてました。私も同感です。

ダーウィンの進化論は、「生物のそれぞれの種は、原始生物から環境に適応しながら自然淘汰(とうた)を経て進化してきたとする学説。」とされてます。

自然淘汰。。。生存競争に勝ち抜いたものが生き残る。これが大自然の法則という事です。

この進化論と全く別の考え方が1960年代に出てきたそうですが、

それは、「生物は優勢劣勝で進化してきたのではなく、互いに助け合いながら進化してきた」とするもので「共生的進化論」と呼ばれているそうです。

更に、村上和雄先生の著書「生命の暗号」には、「ケニアのトゥルカナ湖で発見された150万年前の類人猿の遺跡を調査した研究者によると、互いに食べ物を分かち合い、助け合って暮らした痕跡は見つかったが、強いものが弱いものを圧迫したり、闘争したりした形跡は全く見つからなかった」と書かれてました。

今の時代、どんどん弱肉強食化してますね。野獣化。。。野獣に申し訳ないっ(笑)人間は「保身」と「傲慢」が加わるのでタチが悪いですね。