実千代鍼灸院TOP > スタッフブログ

Staff Blog スタッフの最新ブログ

2018年04月17日(火)

ハクション大魔王

こんにちは!橋本伸浩です。

今年は4月に入って以降、花粉の飛散量が例年より多いため花粉症の症状で来院される方がたくさん見られます。
私自身も今年はくしゃみと鼻水が少し出やすくなっています(笑)

人によって起こる症状はさまざまですが、花粉が飛散してから鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、頭痛、のどのイガイガ、咳などの症状が現れた方は花粉症の可能性があります。

春の花粉症は東洋医学では、春の影響で肝気が高ぶることで気が上へ偏り、身体の中に熱が篭っているタイプの人(内熱タイプ)が発症しやすいと考えられます。

花粉症は気が上へ偏ることで目、鼻、のどなど体の上部に症状が出ます。
よって肝気の高ぶりを静め、気を下に引き降ろし身 体の中の熱(内熱)を取ると、症状が改善しやすいです。

民間療法でヨーグルトが花粉症にいいとよく言われますが、ヨーグルトは身体を冷やす効果があるため内熱を取ることによって花粉症に効く方も多いと考えられますね。

愛媛大学の研究で、みかんの皮をハチミツに一晩つけたものをヨーグルトに入れて、一日一回150mlを摂取することで目の充血、くしゃみといった症状が改善されたという報告もあります。

花粉症を改善するには、怒ったり、忙しくなりすぎないように気をつけ、ゆとりを持って過ごすことが大切となります。

また散歩は身体を緩ませながら気を引き下ろす効果があり、肝気の高ぶりを鎮めるのでマクスをつけながらゆったりと散歩することもとてもいいです!

食事 は脂っこいものを控え、野菜や果物を多めに摂取するよう心がけて、身体の内熱を取ることも重要です。

もうまもなく花粉飛散量が減っていきますが、花粉症のつらさはかなりのもの。
すこしでも快適に過ごせるよう鍼と各養生を行い、花粉症が起こらない体質にしていきましょう!!

記事検索


4

2018

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード