実千代鍼灸院TOP > スタッフブログ

Staff Blog スタッフの最新ブログ

2018年03月07日(水)

カエサルの名言

吉田綾乃です。

『人間は皆、自分の見たいものしか見ようとしない』

ある医療番組でベテラン救命救急医師が若手研修医へのアドバイスとして、この言葉を挙げていました。ローマの皇帝、ガイウス・ユリウス・カエサルの名言です。

救命救急なので、限られた時間内にCT画像を診て診断しなければいけないのですが、CT画像に存在するものだけを追ってしまい、あるべき臓器がない事に気付かないのです。そのテレビ番組での再現ドラマでは、昔、脾臓を摘出していた女性が意識を失って運び込まれたという設定でした。

他にも、肺のCT画像を見せて、二か所異常があるので探して下さい、と言われると、ひとつはすぐに見つかるのですが、もう一つも同じような形状の異常を探そうとして、それ以外の変化に気付かないのです。テレビでは、なんとCT画像に“ミニゴリラ”が映っていました!

鍼灸師の治療診断にも言えます。鍼灸師は検査機器がなく、五感を使って患者さんの体調の変化を探っていくので、尚更難しいです。

私もこの決めつけ!あるあるに襲われる時があります。「頭で余計な事を考えずに素直に体表を診ていく事が大事」と院長からよくアドバイスを頂きます。

決めつけずに診た身体の情報を繋ぎ合わせて、更に、深く診ようとしなければ、原因は見えては来ないとも言ってました。

『見たい物しか見えない』『見ようとしなければ見えない』…

本当にその通りと実感します。 広く的確な判断には柔軟な心が伴っているとも思います。カエサルは、二千年前の独裁者ですが、柔軟な心と人並み外れた広い視野の持ち主だったと想像がつきました。

私自身も体だけを診るのではなく、心、季節、成長や老化を含めた広く柔軟な治療を学んで行きたいと思います。


記事検索


3

2018

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード