ENGLISH

MAIL

WEB診療予約

実千代鍼灸院 Michiyo Acupuncture Clinic

MENU

Staff Blog スタッフの最新ブログ

2020年1月18日(土)

春の陽気

あけましておめでとうございます。橋本伸浩です。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

あっと言う間にお正月も終わり、本格的に寒さが増す『小寒』に入りましたが今年は寒さはどこへやら…

昨年12月から平年より暖かく、これからも平年より暖かい予報が出ています。

暖かくて過ごしやすい!と感じますが、東洋医学では本来その季節にあった状態(冬は寒くて夏は暑いなど)を順風といい、その逆(冬は暖かく夏は涼しい)を逆風といいます。

逆風は身体に悪影響を与え、身体が弱っていると体調不良を引き起こします。

特に最近の気候は日差しがきつく春のようで、上部が温められ下が冷える冷えのぼせのような状態になりやすいです。

また気温が高いため、身体の中に熱がこもっている人はさらに熱がこもりやすくなります。そうなるとのどや肺の炎症が起こり易くなり、胸に熱がこもるとザワザワするや不眠などの症状が出やすいです。

私も年明け後一時期、寝ていても途中で起きる中途覚醒になっていました。

このような時は足を冷やさず温めて、頭を少し冷やし頭寒足熱にして、ゆっくりと散歩をして下半身を動かすことが大切です。

気候変化の激しい時こそ養生を行い、健やか過ごして行きましょう٩( ‘ω’ )و

2020年1月1日(水)

新年の抱負

あけましておめでとうございます。

 

似てる動物は大抵ネズミ科を言われる平山です。

2020年、なんだか語呂がいいですね()

 

私個人的には後厄なので、やっときたかという感じです。笑

 

さて、年始ということで、

今年の抱負ですが、、

 

『素直』

 

としたいと思います。

 

昨年末、初心を思い出そうということをブログにも書きましたが、

 

昔と変わったところはやはり素直さかなと感じます。

 

バカ正直すぎず、見栄を張らないように、ありのままを捉えることを心掛けようと思います。

 

今年も宜しくお願いします*

2020年1月1日(水)

新年の抱負

あけましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年もどうぞよろしくお願い致します。

私の本年の抱負は、『健康第一』です。

何かを達成するためにもまず健康があってこそ。治療家としても自身の健康を管理するのは重要です。

『健康第一』の抱負を達成するために
①1日最低7時間の睡眠
②雨の日以外毎日15分以上のマラソン
→秋〜年末にかけてハーフマラソンへの挑戦をしていきます!

本年も元気に皆様をお待ちしております!!

2019年12月28日(土)

も~いーくつ寝ーるーと

こんにちは、平山杏です。

 

1年あっという間ですね。

私の2019年の抱負はスペースを空けるでした。

振り返ると、断捨離の年だったな〜と思うので、ある意味達成していますが、

余白を作って知識を増やそうという一番の目的については、、どうですかね!笑

 

経験が増える毎に自分の足りない所が明確になっていくので、

これを成長と呼んでいいのか、どうなのか、、微妙なところです(^ ^;)

 

鍼灸師になりたての頃は、鍼ひとつひとつの効果に感動したり、

もうちょっと自信に溢れていたような気がします。

 

初心忘れるべからずとは言いますが、あんまり昔のことを覚えていられないタイプなので、

初心を思い出すために記憶を手繰ろうと思います。

頭を冷やして回転よくするために、とりあえず、雪山行ってきますね!

 

皆様良いお年をお迎えください()

 

2019年12月21日(土)

陰極まり陽に転化す

こんにちは!橋本伸浩です。

もう一年も残すところあとわずか…/(^o^)\

12月22日には冬至を迎えます。

冬至は一年で昼が最も短く、夜が最も長い日で東洋医学では陽気が不足し、陰気が最も盛んになる日です。

冬至を過ぎると徐々に日が伸びていくため、陰の極みから陽気が戻っていくことから「一陽来復」という言葉が生まれました。

この四文字熟語は冬至のことを指す意味がありますが、他に『悪いことが続いたあとようやく物事がよい方に向かうこと。』(小学館 大辞泉引用)という意味もあります。

実際世界中で冬至の日を迎えることを祝う祭りが行われており、有名なものとしてクリスマスがあります。

クリスマスは元々、古代の冬至祭りの日をキリストの誕生日とのちのち定めたものだそうです。クリスマスでは昔、薪を燃やして太陽の復活を祝っていた習慣がありましたが現在では廃れてしまい、薪状のケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」を食べるようになったそうです。

日本でも冬至になると、かぼちゃを食べて柚子湯に入る習慣があります。

かぼちゃは甘くて温める作用があり、胃腸を丈夫にして体力を補う(補気)する効果があります。

柚子湯は血行を良くして身体を温め、風邪を予防するため行われています。

伝統的に行われていることは、昔の人が編み出した生き抜く知恵が詰まっています。

古来の健康法を体感しながら身体を冷やさないようにして元気に冬至、そして新年を迎えていきましょう!(`・ω・´)

1 2 3 52

記事検索

最近の記事

月別バックナンバー