ENGLISH

MAIL

WEB診療予約

実千代鍼灸院 Michiyo Acupuncture Clinic

MENU

Staff Blog スタッフの最新ブログ

2019年11月16日(土)

乾燥対策

こんにちは、平山杏です。

急にぐっと冷え込むようになりましたね。

冬が近づいてきたなと感じますが、湿度がとても低く、強烈に乾燥していますね。

乾燥(燥邪)が強すぎたり、身体が適応出来ない状態だと、

鼻の痒み、くしゃみ、咽イガイガ、痰が出る、皮膚のガサつき、髪のパサつき、便秘などの乾燥による症状が出てきます。

インフルエンザも流行りはじめていますね。

乾燥すると、鼻咽の粘膜に分泌される粘液も減り、ウイルスを洗い流せないので感染しやすくなります。

手洗いうがい、こまめな水分摂取、湿度調整(55%前後)を気にしてみてください。

五臓の中では肺が特に燥邪の影響を受けやすいので、

肺を潤すもの、陰分を補う(潤いを増す)ものを摂取することも養生になります。

柿やきのこなどの旬のものや、貝類、それから蓮根など粘り気のあるものを取り入れるといいかなと思います。

本来、燥の気候は秋(8月7日〜11月6日)で、暦の上で今はもう冬なので、

徐々に乾燥も落ち着いてくると思いますが、

暖房をつけたり、疲れが溜まっていたりとまだまだ燥邪の影響を受けやすい状態にありますので、

ぜひ乾燥対策意識してみてください^ ^

 

2019年11月9日(土)

山を歩く

こんにちは!橋本伸浩です。

最近急に涼しくなり、本格的に秋の到来を感じますね。来週は寒気団がやって来てさらに冷え込む予報のため、体調管理を行うことが大切となります。

今回は私が行っている体調管理のひとつとして、山登りの良さをご紹介します。

私は月に一回程度近所にある甲山(標高309m)へ登りにいきます。山登りというよりハイキング程度ですが、家から頂上まで往復約2時間15分ほどで行けます。

普段から散歩をオススメしていますが、とくに山は自然の中を歩けることがオススメの理由です。

山は森林に囲まれ、道も土で出来ています。都会の建築物やアスファルトと陰陽で比較すると山は陰、都会は陽的に分けられます。

忙しく睡眠不足になりやすい現代は身体の陰分が不足しやすく、相対的に陽が多い状態となります。陽に偏ると興奮しやすくなったり、寝つきが悪くなります。

そのため山をゆったりと歩くことで自然界から陰分を補い、身も心もリラックスする時間がとても重要だと思います。

私自身忙しくなると、背中や肩が凝ってきますが、山へ行くと身体が整いスッキリするため、毎月1回は行くようにしています。

秋は紅葉の時期のため景色もよくなります。自然を慈しみならが運動し、さらに元気に過ごしていきましょう!!

2019年11月2日(土)

犬の夜尿症

こんにちは、平山杏です。

早いものでもう11月ですね。

11月1日は“わんわんわん”の日で、犬の日らしいです。

うちの犬も1歳を過ぎ、少し落ち着いてきました。

周りに同じ犬種が居ないので比較が出来ないのですが、

突然テンションが上がると止められなかったり、集中力がないなど、若干多動症の傾向があります。

そして、座り方を見てもらうとわかるのですが、下焦(下半身)が弱いです。
下が弱くて上に気が昇りやすいタイプの子です。
先日、親戚が家に来た際、たくさん遊んでもらい、たくさん褒められ、走り回って喜んでいました。
普段ならハウスする時間も超えて、夜遅くまで相手してもらっていた為、興奮が続いていたのでしょう。
珍しく夜中におしっこを、それも大量に3回もしました。
まだまだ暖かいとはいえ、朝晩は冷え込むので、それも影響したとは思いますが、確実に、
テンション上がって、元々の腎虚プラス冷えで腎陽虚からのお漏らしですね。
この子は普段から、腰骨のあたりに冷えの左右差があって、そこからお尻寄りに下がると硬結があります。
この場合、冷えの部位を補うように鍼をかざし、温める治療をします。
(蓮風先生直伝( ̄▽ ̄))
硬結部位を揉んでやることもあるのですが、
最近では自分からお尻を向けてくるようになりました。笑
うちのビーグルや、コーギー、ダックスフンドなどの犬種はヘルニアを起こしやすいので、予防としても使えます。
少し前に、動物看護師をしている方と話す機会があり、獣医師の鍼の勉強会があることをお聞きました。
現状、動物への施術は、獣医師もしくは獣医師の元でと法律で定められていますが、
いつか動物も自由に診られるようになればいいなと密かに思っています^ ^

2019年10月26日(土)

バスキア展

こんにちは。橋本伸浩です。私は美術館巡りが趣味で、先日の3連休を利用して東京へ美術館巡りして来ました!

その中で森アーツギャラリーにて行われている、バスキア展がとても良かったのでご紹介します。

そもそもバスキアはハイチ系アメリカ人でニューヨークを中心に活動をしていた現代アーティストです。17歳で高校を中退して以降自分でデザインしたポストカードやTシャツなどで生計していました。

徐々に特徴的なデザインが認められ、頭角を現していきますが、27歳の若さでこの世から去ります。

死後、再び評価され現在では現代を代表するアーティストとして脚光を浴びるようになりました。

実際に行ってきましたが、一見すると子供の落書きのようにも見える絵をよく観察すると色彩や絵の配置のバランスが整っていて、引き込まれるような絵画でした。

またバスキアの絵は文字が書かれている事も特徴的ですが、暗号的に配置されているため、見る人の解釈によってさまざまな想像が出来るのも、魅力のひとつだと思います。

絵画を通して1人の人間の強烈な個性を感じ、人類が持つ可能性、奥行きの深さを体感しました。現代でもっとも評価されているバスキアの作品は、自身の価値観、人生観に少なからず影響を及ぼす、インパクトのあるものでした。

大規模なバスキアの展覧会は滅多にないことなので是非皆さんも行ってみて下さい!
11月17日まで六本木ヒルズで開催しています٩( ‘ω’ )و

2019年10月12日(土)

断食からの学び

こんにちは、平山杏です。

院長ブログでも書かれていたことですが、
脾胃を休めるために週一回の断食をしようということで、その第1回目を先週行いました。

結果から言いますと、実千代先生と私は支障が出たので中止(笑)。
他スタッフはゆるく継続ということになりました(笑)。

私が中止になった理由は、清陽不昇です。
「清(せい)」とは、人体に必要な栄養物質を意味します。

東洋医学では、食べ物は胃で消化され、脾がその栄養物質の「清」を一旦身体の上部に持ち上げ、全身に散布させると考えます。
ちょうど煮えた鍋から蒸気が昇るような感じです。

清陽不昇とは、この清を持ち上げる作用がうまく働かず、栄養をうまく運べない状態を意味します。

清陽不昇状態になると、
めまいや立ちくらみ、頭がボーっとするなどの身体の上部症状が現れます。

また、脾には重力に逆らって内臓の定位置を保つ働きもあり、
清陽不昇の状態が長く続くことで、内臓をも持ち上げられず、
子宮脱や脱肛といった内臓下垂などの下部症状として現れることもあります。

私は、まあ、普段からボーっとはしがちですが(^_^;)

今回の断食では、
頭が働かず、常に眠く、姿勢を維持するのが辛くなりました(笑)。

あと、「食べちゃいけないプレッシャー」を過剰に意識しすぎたことで、
肝が更に脾に追い討ちを掛け、
脾がうまく機能しなくなった為に清陽不昇の症状が現れたと考えています。

そして、翌日以降いくら食べても満腹にならず。
まさに飢餓状態になり、その後、胃もたれがしばらく続きました(~_~;)

極端に行うことは反動も大きく、やはり何事もバランスだと再確認する良い機会となりました。

きっともうしません(笑)。

1 2 3 51

記事検索

最近の記事

月別バックナンバー