実千代鍼灸院TOP > スタッフブログ

Staff Blog スタッフの最新ブログ

2018年04月02日(月)

クリスマスローズ咲きました!

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

今年初の赤紫。。。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

私の好きなオフホワイト^^

画像(137x180)・拡大画像(489x640)

まだらに乱れ咲き!


吉田綾乃です。

クリスマスローズは、私の大好きな花の一つです。ネーミングの通りクリスマスが終わった頃から春にかけて咲きますが、我が家ではクリスマスに咲いた所を見た事がありません。スプリングローズでは⁇と思うくらい、只今満開です。

クリスマスローズは、スズランのように下を向いている可憐な素朴な花です。控えめな様子が、日本人の美徳でもある謙虚な美しさに写るように感じます。

そのクリスマスローズが今年は2色に変化しました!元々はオフホワイトだったのですが、今年は赤紫の花も顔を出しています。紫陽花の色は土のphによって変わると聞きますが、クリスマスローズはどうなのでしょうか?

ここ数年、コーヒーを入れた後のコーヒーの粉を肥料代わりに私が土に撒いていました。そのコーヒーが多くまかれた所が赤紫色のような、違うような。。。

調べた所、多数見解がありました。栽培環境の温度や光線量、水分や肥料などの条件で多少は変わってしまうようです。春の低温期の咲き始め頃の花と、温度が高くなってから開花した花でも、花色に変化が出る事もありだそうです。

人間の肌の色も同じかもしれません。東洋医学では、 顔色や肌の色の変化を肝(青)、心(赤)、脾(黄)、肺(白)、腎(黒)診断に使います。例えば、陽気不足や血不足では白色となり、腎の臓の弱りでは黒色、脾の臓の異常や湿邪が体を侵していると黄色、などです。他にも蒼白、淡白、萎黄など微妙な色調、艶のある無しも見極めます。

我が家のクリスマスローズは、赤紫に変化…。人間なら肝の臓か、心の臓が関係深そうです。どちらも熱の臓。日当たりが良かったからなのか、コーヒーの肥料が過剰だったのか。

植物も人間も同じですね。 環境の変化や食べる物によって、見た目も成長状態も変化していくものです。東洋医学に拘わらず、医療に携わる人間として、身近な植物の変化からも人への影響を勉強する事がとても意味深いと感じます。

今年はコーヒー肥料はほどほどにしながら、自然のままの成長を見守っていきます。白色が増えてくれたら尚嬉しいです。




記事検索


4

2018

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード