実千代鍼灸院TOP > スタッフブログ

Staff Blog スタッフの最新ブログ

2018年03月26日(月)

春はあけぼの

こんにちは。橋本伸浩です。

もう気付けば春分を過ぎ、いよいよ本格的に春の季節になりました。

今年は桜の開花も平年と比べ8日ほど早くなっています。

これは「休眠打破」といって花芽が冬季に一定期間低温にさらされると、花芽が早く成長する状態なため平年より開花が早いそうです。


東洋医学で春季は五臓でいうと「肝の臓」の機能が亢進する時期です。

「肝の臓」は全身の「気」をのびやかに巡らせ、各臓器を正常に働かせる機能があります。
「肝の臓」の機能が異常に亢進することを「肝気が高ぶる」といいますが、「肝気が高ぶる」と「気」が上の方ばかりに偏り、上半身にさまざまな症状が現れます。


この時期の、イライラしやすい、抑うつ感、めまい、脇の突っ張り感、目のかすみ、充血などの症状は、普段の過緊張やストレスに季節の影響を受け、肝気が高ぶった結果起こると考えられます

最近患者さんや私を含め、甘い物を普段より多く食べている人がいます。
甘い物は緊張を緩ませる効果があります。肝気が高ぶり緊張した身体を緩めようと
自然と身体が欲し多食してしまう姿です。別名ストレス食いですね(笑)


今年は2月から現在まで気温が低い日が続いていましたが、今週から急に温かくなり、桜の花が芽吹くように身体にもさまざまな症状が噴き出てきやすくなります。
そのため冬から春の変わり目は養生が大切となります。


中国の古典書 『黄帝内経素問』には、「春は夜早めに寝て、朝は早起きする。新鮮な空気を吸いつつ、庭をゆったりと散歩し、頭髪は結束を解いてバラバラとし、全身の束縛をといて十分ゆったりとゆるめねばならない。」とあります。


春になると体調を崩したり各症状が悪化する方は、是非この養生を行い春を元気に過ごしましょう!
(ストレス食いにも効果ありです!)


画像(240x320)・拡大画像(480x640)

栗林公園 春分の日の風景

記事検索


3

2018

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード