ENGLISH

MAIL

WEB診療予約

実千代鍼灸院 Michiyo Acupuncture Clinic

MENU

症例

2010年3月11日(木)

特発性難聴 []

特発性両側性感音難聴

原因不明の感音難聴のなかで、両側性に難聴が進行する病気で、めまいを反復するものや遺伝性の疾患は除外される。難聴は両側同時に進行するとは限らないため、左右の難聴の程度が異なることもある。まれに一側性のものもある。
随伴症状として、耳鳴りを伴うことはあるが、めまいを訴えることはあまり多くない。
突発性難聴は、難聴が一側性で、発作は一度だけで反復はしないとされている。

東洋医学的には、耳鳴りと耳聾(難聴)は密接な関係があり、耳鳴りは耳聾の軽症で、耳聾は耳鳴のひどいものであるとしている。
その病因は約10種類ほどに分類されている。

症例:特発性難聴
患者:34歳 女性
初診日:平成21年12月

(症状の経過)

看護師として就職してから、食生活の乱れや運動不足などが重なり、徐々に肩こり(特に左)を感じるようになる。その後も常に多忙な生活を続け、昨年10月夜、初めて高音の耳鳴りを左耳に感じ、うるさくて眠れず、1週間眠剤を服用する。
耳鳴りはキーンとした高音で間欠的に持続するが、嘔気、頭痛は無い。
聴力検査では、左耳の聴力は0。ステロイド点滴を10日間受けるが0から3にしか改善されず、神経ブロックを施す。会話以下の低音は5以上になるが、一日中耳鳴りが止まらず、大きな耳鳴音が割れて入ってくる等、苦痛を訴えられ来院される。

その他の随伴症状:首、肩こり(左)、湿疹が出来やすい(首・顔の一部)、扁桃腺をよく腫らす、手足が冷える、生理痛(2?3日目)など。

東洋医学での診断と治療

(気滞?肝気上逆体質)
気が全身の経絡をスムーズに流れていてこそ痛みや凝り感がないと東洋医学では捉える。
患者さんは、常に肩を凝らしていたことや、ため息がよく出る(ため息は詰まった気を解こうとする生理現象でもある)など肝の気滞症状が見られる。また、北辰会独自の負加試験としている運動後、大小便後、入浴後、生理後などで身体がすっきりするなど、患者さんの体力は充実しているので、休むことも無く頑張り過ぎてしまう傾向にあったと思われる。東洋医学では、体力が充実していることを、正気がしっかりしていると表現する。
正気がしっかりしている事は、脈力(この患者さんは弦脈)の有無、舌の状態などでも知ることができる(舌がしっかり出せるかどうかなど)。
また、東洋医学での診断に於いて、主訴に対して、増悪因子(どのような時に主訴が悪化するか)と緩解因子(どのような時に主訴が軽くなるか)を知ることは、その病の原因を探る上でのポイントになる。
増悪因子:1日中耳鳴りはするが、仕事中は周りがうるさいため、特に帰宅後は耳鳴りが大きく感じる。
緩解因子:朝起床時、リラックスした時。
患者さんは、リラックス時に耳鳴りが楽になる。この事は、ストレスなど肝気の高ぶりによって耳鳴りが起こり、その肝気の高ぶりが更に昂じ、肝の経絡と表裏の胆の経絡(耳に入っている)を犯し、耳鳴り、難聴が生じたものと考えた。このように肝気の高ぶりが更に昂じて上へ昇ることを肝気上逆という。

(語句の解説)
負荷試験入浴や運動、排泄後に疲労感や主訴が悪化するものは、正気が弱っていると考える。正気が弱っている時に強い治療などをすると、病気と闘う元気が無くなり病邪に負けてしまうので注意を要する。正気の弱りの程度を知るのに有効。
表裏関係肝の臓と胆の腑のように臓と腑は表裏関係にあり、互いに密接な関係を持つ。耳には胆経、大腸経、小腸経、腎経、三焦経などが深く関与している。

(瘀血傾向)
気滞が長引くと「気」と共に「血」の流れが悪くなり、血の塊を身体の中で形成しやすくなる。この状態を瘀血(おけつ)と呼ぶ。
この症状は、舌の舌下静脈の怒脹の度合い(写真下)、または舌の紅点が黒点に変化したり
舌の色が暗紫色になったり(同写真)、肌の色や爪の生え際の黒ずんだ色などうっ血状態で観察される。


舌の先の赤味と紅点は肝気上逆を示す


舌裏の静脈の紫色は瘀血を示す

証:肝鬱気滞・肝気上逆

以上のことから、素体(体質)として瘀血傾向にはあるものの、長年の鬱積した気の滞り(肩こりなど)が長引き、それが上逆した事によって耳鳴りが生じたものと考えた。
治療穴として後谿穴(こうけい)(左)に3番鍼で10分の置鍼から始める。後谿穴は専門的に言えば、奇経八脈の督脈(全ての陽気を調節する)を支配し(また手の太陽経が大椎に流注し、督脈と交わることから督脈の主治穴になっている)つまり、このツボは一身の熱に関与し(内熱を冷ます)、心神(精神)を安定させる作用ももっている。

(治療経過)

2診目までは耳鳴りの変化は無かったが、身体が温かくなったとの自覚あり(気がめぐり出した証拠)。
3診目から治療後は高音の耳鳴りの頻度がましになり、4診目の検査の結果、低音は正常値、高音も半分は回復。耳鳴りの頻度は4回目の治療で、初診時を「10」としたら「2」にまで改善される。勿論、薬は全く使用していない。
現在は、概ね症状が改善され、多忙時でも耳鳴りを感じなくなってきたばかりでなく、肩こりも楽になり上半身によく出ていた汗も出なくなる。
また、他覚的にも顔の黒ずみが薄くなり、手足が施術後すぐ温まるようになり、気血のめぐりが良くなってきたと思われる。

(考察)

難聴は、悪化していくとコミュニケーション障害が最も深刻な問題となる。
その上、耳鳴りを生じると、他人には分からない苦痛を伴いながら生活しなければならない。西洋医学では難治とされているこれら難聴は、東洋医学では耳のみを診るのではなく、上記の様に、身体全体のバランスの崩れを見出し、その原因に対しバランスをとる様に鍼灸治療でアプローチしていく。肝気が最も盛んになる、いわゆる木の芽時、2月からの春季に多くの患者さんがメニエール氏病や突発性難聴で来院される。
このことを考えてみても、耳のみを診て薬のみで解決することのほうが難治だと考える。

(参考資料)
経穴解説 藤本蓮風著 メディカルユーコン社
臓腑経絡学 藤本蓮風監修 アルテミシア社
症状による中医診断と治療 燎原社

2010年1月21日(木)

シェーグレン症候群 []

(膠原病の概念)

膠原病は、結合識病とも言われ、多くの場合、細菌やウイルスから自分を守ってくれるはずの免疫が、何らかの原因で反対に自分を攻撃してしまうという自己免疫疾患と考えられている。
全身性エリテマトーデス(SLE)は代表的な膠原病で、全身性硬化症、皮膚筋炎、多発性筋炎、関節リュウマチ、シェーグレン症候群なども一連の膠原病の疾患とされている。
原因は明確には分かっていないが、多くの臓器に慢性炎症性病変を生じることが特徴で、神経系(中枢神経、末梢神経、筋肉)にも様々な病変が生じる。
西洋医学での治療は、ステロイドまたは、消炎治療薬を用いることが多い。

(シェーグレン症候群)

シェーグレン症候群は、感覚障害を中心とした末梢神経障害や脳神経である三叉神経障害などが起こることがあるといわれている。
また、涙腺や唾液腺の分泌を障害し、ドライアイやドライマウスなどという症状が起こる。
男女比は1対14と圧倒的に女性に多く40歳から60歳の中年女性に比較的多く見られる疾患である。

(症例1)

主訴:膠原病(右頬の腫れと円形脱毛症)
患者:29歳、女性、会社員
初診日:平成21年3月27日

(病状の経過)

昨年(平成20年)4月頃、右耳から後頭部にかけ大きな円形脱毛症があることに気づき、11月末頃から右の頬が赤く腫れて、触ると響く様な痛みや熱さを感じるようになってきた。12月に入ってからはそれが右頬全体に広がり、口の渇きや手掌の痒みと乾燥等が出てきたため病院で検査を受ける。
検査では、IGE(アレルギー抗体)の数値が高く、ガムテストなどでも唾液分泌が少なく、唾液腺に炎症がみられたためシェーグレン症候群ではないかと診断される。
翌月1月からステロイド(副腎皮質ホルモン)治療を始め、プレドニンを使用。(25?を2日間→3日目から15?を3日間→後7.5?を服用)。この時点で右頬の腫れは引いたものの、しばらくすると目の下の腫れが再び出現しステロイドが増量される。またステロイド剤による副作用で、肝臓数値が高くなり、顔の腫れもなかなか引かず(MRI検査で炎症が認められる)西洋医学の治療のみでは不安になり当鍼灸院を受診される。

(東洋医学での診断と治療)

(内熱体質)

この疾患は、西洋医学でもいわれている様に炎症性の疾患である。
問診から得た情報でも、患者さんの体質が熱に傾いているという事は明らかで、口の渇きがある、普段から便秘(3日に1回兎糞状のコロコロ便)、口内炎が出来やすい、頭が痒くふけが出易い、胸焼けなどの情報からも察知できる。
また、仕事のストレスなども重なって夜寝つきが悪くなるなどの症状も起こる。
寝つきが悪いのは、様々な原因が考えられるが、仕事などでストレスがかかり肝が高ぶった事により起こったものと考えた。

(気滞体質)

更に患者さんは、大学卒業後就職してから運動不足と共に気を使うことが多く、常に肩(右>左)が凝る様になってきた。ひどくなると偏頭痛や頭のピリピリ感もおこる。肩こりは、気滞(きたい)といって気の流れが悪くなり滞ってくる、いわば気の交通渋滞のようなもの。肩、特に右肩で気の交通渋滞が常に起こっている状態といえる。

(肝鬱化火・内風証)

以上の情報を体表の観察(実際にツボの状態、舌診、脈診などを診る事)と合せた結果、
「肝鬱化火・内風証」と診断。熱は上に上がる。気の偏りが普段から右上にあるところ内熱が上(特に右側)に上がったため、右の顔面が腫れ、その熱が1.内風(ないふう)を起こし右の後頭部に円形の抜毛がおこったものと思われる。
治療は、百会(頭上にあるツボ)や霊台(背中の中央やや上にあるツボ)のどちらか1本、風邪が少しでも進入した時は、外関を加え鍼を施す。

1.内風→上焦(上部)に熱が盛んになると、陽炎のように風が起こること。緊張して手が震えるなども病的なものではないが、内風にあたる。

(治療経過)

初診時に遅れていた生理がきて、ひどい口の渇きがなくなりる。顔の赤みと腫れは2~3回の治療で大分引き、便通もよくなってきた。16診目ごろには肝臓の数値がかなりよくなり、24診目にはアルバイトが出来るまでになる。脱毛もほとんど無くなり30診目には社会復帰を果たす。
ステロイドは肝臓の数値がかなり高くなっていたため4診目くらいで使用はしていない。
現在は、肝臓数値も全て正常に戻り上記の症状も改善され元気に働かれている。

(考察)

患者さんは、病院を何度か変えられ当鍼灸院に来られた。
鍼灸に対しても確信が無い中、悪化してくる症状に不安そうに来院されたが、数回の治療でどんどん改善されていくのを感じ、まず表情が明るくなっていった。
特に難病と言われる病気を若くして抱えてしまうとそれ自体で心が塞がってしまうもの。途中、我慢強い本人も当然、何度か不安になったこともあり、自分から友人に話をしたり心をオープンにしていくようアドバイスなどもさせて頂いた。
北辰会代表藤本先生は、常々、「鍼灸は身体と心と魂をも変えていくことが出来る」また、「特に難病を診る場合は、治らない病ではなく原因が心因(抑うつやストレスなど)の場合が多いので、何より診察するこちらが難病を恐れたり負けてはならない」と言われたことがある。
患者さんが少しでも良くなっていったことに希望を持たれ、その希望が益々身体によい影響を与えたのだと感じる。
ただ身体のみを診ただけなら完治は難しかったかもしれない。
心の変化をしっかりキャッチしながらお互いの信頼関係の中で治療を進めさせていただけたことに感謝します。

1 16 17 18

記事検索

カテゴリー

最近の記事

月別バックナンバー