ENGLISH

MAIL

WEB診療予約

実千代鍼灸院 Michiyo Acupuncture Clinic

MENU

症例

2011年2月25日(金)

むち打ち症 []

西宮市在住 男性 36歳
主訴:むち打ち症(2年前の交通事故後の左肩甲骨~左脇、左胸部の痛みと重だるさ)

初診日:平成23年2月初旬

(現病歴)
バイクを運転中に剣道の道具を持参した歩行者と接触。
左肩を強打し右前方にスライディング。左足背剥離骨折、左手関節橈骨ひび割れ、前歯が折れる等の怪我をする。
雨の前の日には主訴と同じ場所に重だるさを感じ、接骨院にて局所鍼を施すも変化なし。昨年の12月上旬ごろからひどく痛み出し、左に首を側屈すると上腕に痛みが放散。痛みや重だるさが常時続くようになり、以前治療されていた奥様のご紹介にて来院される。

(増悪因子):ホッとした時、仰向けで寝ているとき、雨の降る前に痛みが増す。
(緩解因子):仰向けで右首を側屈すると少しましになる。

(その他の特記すべき問診事項)
・飲み物は温飲を好み、口の渇きはあまりない。
・小便の尿勢、尿切れやや悪く、尿漏れがたまにある。
・手足が冷える。
・熟睡感なし、小さな音でも目が覚める、一度目が覚めると 眠れない。
・最近営業の仕事で飲酒の機会が増えた。
・よく扁桃腺炎を発症する。
・ここ半年間運動はしていない。

★上記の問診事項から「上半身の熱、下半身の冷え」。あるいは、「上半身に気が偏り、相対的に下半身が弱っている」可能性がある。

(特記すべき体表観察)
舌診:暗紅色、白苔、裂紋有り(舌上の亀裂)
脈診:1息4至、滑脈、脈力幅とも有り。
ツボ:右臨泣実、右合谷実、左太衝熱感と実、左上部背中のツボ(風門から肝兪まで)熱感で実、胃兪右虚、筋縮圧痛。
腹診:胸膈が狭い、左胃土邪、左脾募、左肝の相火実。

★以上の体表観察から、胃の弱りがあるところ、肝の昂ぶり(ストレス)によって更に胃に負担がかかっている状態。

(診断と治療方針)
交通事故で身体の上部を打撲し、肝経(経筋)と胆経(正経・経筋)という経絡が通っている場所を強打したものと思われる。
また、剥離骨折した足の足背も肝経のツボのある重要な場所で、2年前の事故にも関わらずツボに熱感が顕著に見られた。肝経は、身体の気血をめぐらせる為に中心的な役割をする経絡で、ここを強打したことにより気の流れが滞り易くなったものと考える。(気の交通渋滞状態といえる)
それも上部打撲のため上に気が偏った状態となった。
このような状況の中、昨年からの多忙な日々が重なった事で益々肝気が上がったものと思われる。

つまり、左の上部に気の流れが偏った状態となり、それが痛みや重だるさを引き起こしたと考え、左上の気を通じさせる為に、下の肝経のツボを使って上に上がった気を引き下げる方法をとった。

(配穴と治療経過)
1診目~4診目:太衝(左側) 5番鍼にて15分置鍼。

★日に日に効果が現れ、4診目には種々の痛みが殆ど無くなり、顕著に改善が見られた。

(考察)
肩の痛いところを治療点にするのではなく、局所では無いところや、上に気が傾いているものを下から引っ張って降ろす方法をとるほうが、より確実に治癒することは北辰会方式の治療においては頻繁にみられることです。

ついつい痛いところをもんだり叩いたりしたくなりますが、東洋医学では、上の病には下を考え、右の病には左を考える等など、いかに全体の気のバランスを取るかを考えて治療をします。痛い所のみを追いかければ全体が見えなくなります。

また、なぜこのように数年後に痛みが増悪するのかという事を生活の中にその原因を見つけていきます。
患者さんは、上記のように多忙な生活を続け、運動不足になったことで更に気を上に上げてしまったことが理由と考えられます。

更に、今回の痛みを切っ掛けとして、身体のバランスを見る中で、患者さんは比較的胃が弱く、ストレスがかかると胃に負担がかかると思われます。東洋医学は、「未病治」が特色です。今後に起こるだろう病の根を今のうちに断ち切っておく事ができる治療なのです。
肩の痛みは5回の治療で完治しましたので、今後、体質改善のために月1回来院される予定です。

北辰会代表、藤本蓮風先生が長年かけて編み出された「1本鍼」の素晴らしさを、これからも多くの方に実感して頂きたい思いでいっぱいです。

2011年2月14日(月)

子育てによる疲労感

主訴:子育てによる疲労感
芦屋市在住 39歳
発症時来院日:平成23年1月中旬

(現病歴)
平成19年9月末に同鍼灸院にて逆子(7ヶ月3週目)と足のむくみのため治療を受ける。
子宮収縮もやや起こり、子どもが下がりぎみだった。本人は1回目の治療後、子どもが元の位置に動いた感じがしたとのこと。4回の治療後、検査にて逆子は治っていた。
無事出産して半年後の昨年、腰痛のため再び来院される。腰痛も数回の治療にて完治。

今年に入り再度来院される。主訴は、昨年から2子目ができず、検査すると生理周期も崩れホルモン分泌も乱れていると診断されホルモン剤を処方される。また、この頃より、子どもが元気すぎて(三歳で来年から幼稚園入園予定)ついていけなく、疲労感が増すようになり治療を開始する。

現在の主訴は、
1、朝起きる気力がない。
2、寝ても寝ても疲れが取れない。
3、肩から上が重く、日中ボーっとする事がある。
4、思考回路が単純になっている。

(初診時(妊娠時)の問診事項)
・生理前に綺麗好きになる。経血量が少ない。生理後身体が軽くなる。生理1日前から初日に頭痛などあり。
・足がたまにこむら返りになる。
・高音の耳鳴りが外出した時あり。
・口が渇き冷飲を好み一気にごくごく飲む。
・尿の回数がやや多い。夜間尿あり。尿の勢いがややなし。

(特記すべき体表観察)
舌診:紅色、舌先赤い点々多数、舌を出した時の震えがあり。
顔面診:眉間が青く、口の周りが黒ずんでいる。
脈診:4至半、滑脈、右の尺位が緊脈。
腹診:右脾募、右肝の相火(脇腹)の邪実。

(診断と治療)
証:肝気上逆証>腎虚証

お母さんの身体が本調子でないと、子どもの元気さについていけず、子どもとの関係も悪循環になってくる。
この場合、ストレスなど発散できない過剰エネルギーを実(じつ)とすれば、疲れるなどの体力の弱りを虚(きょ)と考える。疲労感といっても生理後に身体が軽くなる事は東洋医学では実(じつ)とみる。
また、生理時の頭痛、口の渇き、高音の耳鳴り、舌先の赤い点々多数などを考えると、体質的に、頭などの上部に気が昇りやすく、気と共に熱も上昇しやすい身体と思われる。これは、肝気が上に上がっている状態で東洋医学では、「肝気上逆(かんきじょうぎゃく)」という実(じつ)の反応と捉える。

次に弱りである虚は、尿の回数が10回(普通は5回~6回)と多い事や、夜間尿、尿の勢いがやや無い事(出産後は改善)、更に、口の周りが黒ずみ薄く毛が生えている事(出産から3年後、最近)などは、明らかに腎の弱り(腎虚)と考える。つまり、肝気が上に高ぶり過ぎて、下に有る腎が相対的に弱っている状態をさす。

まだまだ年齢もお若いことから腎の弱りはあくまでも相対的なものなので、肝の高ぶりを沈める事を中心とした治療とする
肝気を沈める事で、腎の機能が補われていくからである。

(選穴と治療効果)
1診目~4診目まで:百会 5番鍼 置鍼時間20分。(肝気を下げるツボ)

★鍼をすると身体が非常に楽になり(特に肩から上の重いものがすっきり取れた)、疲労感が取れ、母である自分の精神が落ち着く事で子どもも落ち着いてきた。
上記の4つの主訴は全て改善される。

(考察)
数回の治療にて疲労感がとれ、そのことにより子供が落ち着くことは多く見られます
母親と子どもの関係は相互に密接に影響しあっているからです。
多くは子どもの夜鳴きなどで来院されるケースが多いのですが、実は子どもより、親が多忙で余裕が無かったり、精神的に追い詰められ、その事を子どもが察知し不安定になっている場合が多いのです。このような時は、母親を治療した方がいい場合があります。
この症例はまさに、母親の身体のバランスを整えることで母親の精神が安定し、それが子どもにもいい影響を与えました。お互いに良い循環です。

「今は虐待が社会問題になってますが、お母さんが皆疲れ果てているのでしょうね」と話すと、「それは決して人事ではないんです」と言われました。
温厚な穏やかな様子の彼女でもそのように感じる時があるのですから、どれ程多くのお母さんがひとり苦しんで自己嫌悪に陥っているかを感じます。
この症例を読まれた虐待で悩んでいる、また、虐待しそうだというお母さん、是非相談に来ていただきたいと願います。親子共に救われる東洋医学のすごさを実感していただきたいです。

2011年2月7日(月)

アトピー性皮膚炎 []

東灘区在住 40歳
主訴:アトピー性皮膚炎
初診日:平成20年9月下旬

(現病歴)
14才時から十二指腸潰瘍を繰り返していたが、30歳のころピロリ菌を除去してから潰瘍は起こらなくなった。
しかし、その後アトピーが発症し、手とまぶたの上に赤みと痒みが出たり引っ込んだりするようになる。
ステロイドで落ち着いていたが、昨年7月から顏を中心に悪化。その前年には子宮筋腫の手術を受ける。アトピーの状態は、顏が腫れあがる程かゆく少し肌汁も出るため、今年2月ごろまでの半年間はステロイドを多量に使用する。2月以降はステロイドを中止し、漢方藥の消風散を服用。胃が悪い時にはアトピーが悪化するように感じるとのこと。現在は、顏、頚、手、腰に出ている。共に胃がむかむかして食欲が減退している。

(増悪因子)湿気の多い時、梅雨、ストレスによる過食時(胃の調子が悪い時)。
(緩解因子)晴天時。

(その他の問診事項)
二便の状況:軟便、尿1日4回。
飲食:温飲を好む、油もの・甘い物を好む。
生理の状況:1年前から量が減少、生理前の過食・イライラ・便秘・ため息多。
最近入浴時間10分で疲労感。

(特記すべき体表観察)
舌診:舌先が剥けてツルツル(やや左前方)、紅色、苔が厚い、湿潤、やや力無し。
脉診:弦・滑脈。
腹診:心下・脾募の邪
ツボの状態:脾兪、太衝
血虚(貧血)の状態:眼瞼結膜の淡白、耳介淡白・爪甲淡白・爪縦筋有り。

(診断と治療方針)
証:肝鬱化火~生風証、脾虚証

14歳から繰り返す十二指腸潰瘍など、元来胃腸が弱い(太れない)上、ストレスで肝気を更に高ぶらせ(生理前の便秘、過食、イライラ)たことにより、肝気が脾胃を押さえ、更に脾胃を弱らせている状態といえる。
散歩や入浴により疲労感が増すこと(虚)や、雨天時にだるくなること・軟便・舌の苔の厚さ(湿)やツボの状態、更に、血虚(貧血)(虚)等からも虚(弱り)と実(湿の過剰)などは察知できる。

胃がもたれるとアトピーが悪化するとの本人の訴えは、胃腸が弱いところ、食べ物が湿熱に傾くものばかり(油もの、ラーメン、ポテトチップスなど身体に入ると酸性になり湿熱邪に変化するものを好む)を摂取している為だと考える。

アトピー性皮膚炎など病名に「炎」のつくものは、熱証の疾患のため、酸性食品の摂取は病状を悪化させる。顏を中心に腫れあがる状況は、熱が上へ上がり、風をおこした状態(陽炎のようなもの)に発展したものと思われる。
しかし、痒み自体は激しくないことや、舌の潤い、白い苔が多い、温飲を欲する等を見れば熱の度合いはひどくなく、湿が勝っている状態と言える。よって身体の熱を除去しながらも脾胃の弱りを意識して治療をすすめる。

(治療配穴と結果)
1診目~19診目まで:肝兪+外関、太白或太衝:初回の治療後風邪を引く。
20診目~26診目まで:後谿、三陰交。
27診目~:脊中か中枢、と必要ならば外関(中枢、脊中の外側に大きな黒ずみあり、またひどい圧痛もあり)
50診目~:再び肝兪か後溪に戻す。脊中、中枢の圧痛が無くなったため。

週1回の治療により、アトピーは半年で完治。現在も治療継続中。
★全くアトピーが出なくなり、アトピー痕(背中の黒ずみ)も完全に綺麗になったのは60診目ごろから。(下記写真)
★治療後はかなり眠くなるため置鍼時間は、10分~20分以内。

(養生指導)無理をしないで早く寝ること、油ものを控える、ゆっくり散歩すること。

(考察)
様々示唆に飛んだ症例といえます。鍼治療の後、非常に眠くなり、更に1診目は治療直後に風邪を引かれました。
これは、鍼により肝気が緩み寒邪(風邪)が入ったのではないかと考えます。緊張している時は風邪は引きにくいですが、ホッとして緊張が緩むと一気に風邪を引いたりするようなものです。
このような時は、肝気を一気に緩めるような治療を避け、鍼を置く時間を短くしたり、外関穴などの風邪の時に用いるツボを同時に使用するなどして加減を考えました。この事からも彼女がいかに普段から緊張状態にあるか(あったか)という事もわかります。

緊張などで肝気を高ぶらせれば、脾胃の弱りに即影響を与えます。そこへ食事は上記のように油物が多いとなれば、身体の中に湿熱を溜め込み炎症性の疾患にかかるのは簡単なことです。

熱は陽邪、湿は陰邪で、この両者は結びつきやすく湿熱という形をとります。この湿熱の体質こそ炎症や膿などの疾患を生じさせ、病を難治にしていきます。

北辰会代表、藤本蓮風先生は、著書「鍼灸医学における実践から理論へパート3」の中で、「肝と脾のアンバランス、いわゆる肝気が高ぶることによって、脾気が抑えられます。これによって、胃の気が弱ってくるわけです。これが邪気の発生を大いに促してきます。・・・そこへ持ってきて、飲食、勞倦(疲労)がやはり脾を傷めるのです。」と言われているとおりです。鍼灸治療の継続により、顏色をはじめ、肌の弾力など見違えるようにお元気になられ心から嬉しく思います。


平成22年11月撮影


同左撮影

2011年2月2日(水)

ぎっくり腰 []

大阪市在住 39歳 女性
主訴:ぎっくり腰
初診日:平成23年1月15日

(現病歴)
20年以上前からスポーツとしてボウリングをはじめ冬になるといつも腰痛を起こしていた。ここ10年はボーリングは遊び程度で、卓球の方をよくしている。
昨年12月30日に京都の実家にて卓球とボーリングを楽しんだが、かなり冷えをきつく感じた。2日後の年明け元旦から腰痛になり、屈曲も伸ばす事も出来ず、靴下も自分ではけなくなった。
1月4日大きな病院にて検査を受けるが、異常なしで痛み止めの薬を処方される。
次の日、近所の整骨院でマッサージとテーピング治療を4日間受けるが痛みは変化無し。
京都の鍼灸院にて局所鍼を受け更に悪化したため、また違う病院に行くが先生の説明も不十分でご主人が半喧嘩状態になり病院を後にする。
痛む場所は両腰から臀部(左)にかけての激痛。右の背中から腰にかけて熱感があり腫れ上がっている。動き始めが特に痛む、冷湿布で少しましになる。

(その他の問診事項)
・生理情報:生理痛2日目(服薬)、生理前の過食と便秘、 生理中下痢の時有り。
・口の渇き有り、冷飲好む。
・試合や発表前は下痢、旅行時は便秘。
・出産で生理痛がましになった。

(特記すべき体表観察)
舌診:淡い赤、やや乾燥、白い苔、舌の震え、舌先赤い点々多数。
脈診:1息4至、渋脈、右尺位弱。
腹診:右脾募、右肝の相火実。
ツボ診:右肝兪から三焦兪熱感と実、太衝左実。

(診断と治療方針)
証:腎陽虚証、肝気上逆証

下焦(腰から下)が冷えた事によって、普段から高ぶっている肝気(感情の起伏が激しい)が更に高ぶり、上下のバランスを大きく崩し発症した腰痛と考えた。痛む腰は腫れあがり熱感がきつかったのは、鍼治療などで局所を触ったためと思われる。炎症を起こしている状態で、鍼を刺せば当然悪化する。
様々な治療を施す中、痛みが緩和されず更に肝気を昂ぶらせ悪化したものと考える。(痛みや動けない事自体大きなストレスになるため)

治療は、足が氷のように冷えていたため、下を暖め、上に上がった気を下げるという治療方針とした。

(選穴と治療効果)
1診目~5診目まで:後溪穴の鍼と両復溜のお灸(両方が同じ熱さになるまですえる)
6診目~7診目:百会

1回の治療で歩く時の痛みがましになる。背中の腫れも少し緩和される。
2診目でかなり良くなったため無理をしまた悪化。
4診目で身体はまっすぐに伸びた。
7診目には殆ど痛みが無くなり治療を一旦は終了する。

(考察)
はじめ来院された時は本当にひどい状態で、ベットに横にもなれませんでしたが、みるみるうちに良くなり曲がった腰も伸びました。痛い場所は手で診察のために触れただけで鍼は一切していません。よく痛い場所に鍼をされて悪化し来院される患者さんが多く見られます。炎症を起こしているところに鍼をしたら悪化は当然です。

どこから来た痛みなのか、熱性のものなのか寒性なのかの判断や、本人の身体の状態を、舌、腹部、背中、各ツボなどの情報から多面的に組み合わせて診断すれば確実に良くなっていくのが北辰会の鍼灸治療です。

病の発症時の原因(重いものを持ち上げたことが切っ掛け等等)は様々ですが、ご本人の性格から生じる生活習慣が病に大きく関与しますので、普段から感情が高ぶり易い人は、また弱い腰に来る可能性が大きいです。
今は、息子さんも治療に連れて来られていますので、油断せず治療を継続される事を望みます。
ともかく鍼灸の素晴らしさを実感していただき心から嬉しく思います。

記事検索

カテゴリー

最近の記事

月別バックナンバー