症例

2013年12月20日(金)

ADHD(注意欠陥多動性障害)

神戸市在住 男の子 5歳
主訴:ADHD
初診日:H25年8月

(現病歴)
現在、集中力が続かずジット出来ない事や、自分の意思を上手く伝えられないと怒りだしそれを治めるのに30分はかかり、集団生活に支障がある。今年の春、病院にてADHDと診断される。
(既往歴)
1歳の時、風邪から咳が長引き病院で喘息と診断される。3歳ごろ環境が変わり風邪から喘息を発症し入院するようになるが気管支喘息の薬(3種類)を服用してから現在まで発作はおこっていない。

(その他の情報)
・運動すると落ち着く。
・顔や頭に汗をかき易い。
・小便回数1日10回。
・目の下にクマがきつい。
・特に夏に鼻血を出し易くたまに止まりにくい。
・過食、早食い。
・10歳以上歳の離れた兄2人の3人兄弟。

(体表観察情報)
舌診:紅舌、白膩苔、舌尖紅点。
腹診:胃土邪、右肝之相火実、
背候診:右腎兪やや虚、左肝兪から胃兪実熱。

(診断と治療)
初診時、人の話しを注意深く聞けるとても敏感な子だと感じました。2人の歳の離れたお兄さんに囲まれているため、自分にも出来るという自負と、実際にはついていけない葛藤から日常的にイライラが蓄積していったと思われます。体表観察所見と、その他の情報からも、肝気の高ぶりが抗じ熱化したため、金切り声を上げたり、落ち着きが無くなったものと考えました。

治療は、左の肝兪と胃兪というツボに古代鍼(刺さない接触鍼)にて治療し、肝と脾胃の熱を取るようにしました。

(結果)
2診目から信頼してもらえたのか治療も落ち着いて受けてくれ、受け答えもしっかりできました。3診目には「今日はひとりで寝る」と言うほどに。
6診目にはお母さんのママ友にも「落ち着いたね」と感心されるようになり、10月の運動会では最後まで皆と同じように終えることができ喜ばれています。園の先生方も認めるほど落ち着き、同時にお母さんのお顔も本当に穏やかになられました。お母さんの安心はご家族に好循環をもたらします。これからも平和なご家庭でありますように。

症例検索



カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード