実千代鍼灸院TOP > スタッフブログ

Staff Blog スタッフの最新ブログ

2018年08月29日(水)

鯖の塩焼き

吉田綾乃です。

私の小さい頃の大好物は『鯖の塩焼き』です。勿論、今も大好きです。鯖に限らず、背の青い魚と言われる、鯵、鰆、秋刀魚、ハマチ等、どれも刺身、塩焼き、煮つけ何でも大好きです。

最近では、背の青い魚に含まれる脂質、必須脂肪酸が特に注目されています。必須脂肪酸とは、常温でも固まりにくいサラサラとした脂です。

その必須脂肪酸には、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれ、血中の悪玉コレステロールを減少させる効果があります。先日テレビ番組でも、数日間毎食青魚を食べて、中性脂肪が下がった実験を報告していました。

私が小さい頃、約三十年程前は近海でも大きな鯖が獲れ、新鮮な脂ののった鯖が安く手に入りました。母に「鯖の塩焼きが食べたい!」と言うと、「安くてちょうどいいわ」とすぐ買って来てくれました。

東洋医学でも鯖は気や血を補い、胃腸を丈夫にし、体力をつけるとされています。お年寄りや産後で気血の衰えた人、疲れやすく体力がない人に最適です。

ただ、青魚は油が酸化しやすく、新鮮でないと臭みが気になる人やアレルギーを起こす人も多いのですが。あの頃と同じ鯖が今も食べられたら、魚嫌いの子供達も、きっと魚好きになってくれたのではないかなぁと、少し残念に思います。

そんな中でも、昔の味と変わらないのが鯖缶です!ツナ缶に押され気味だった鯖缶ですが、最近、ツナ缶の売り上げを抜いた!という記事を読みました。私も小さい頃から鯖缶好きです。鯖缶の味は安定していますし、骨まで軟らかく食べられるのが魅力です。

白菜や小松菜などの葉物と炊いたり、お米に入れて鯖ご飯も簡単で美味しい上に豪華です。

海洋汚染や海水温の変化から、魚の生態系にも大きな変化が表れていますが、30年後、鯖が取れなくなった!となってしまうと大変です。私の大好物が味わえなくなると考えたら、事態は深刻です。

そうならない為にも、環境に配慮する事を意識して行動していこうと思います。


記事検索


8

2018

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード