実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2016年08月31日(水)

相対的に男女どちらが我慢強い?

画像(240x180)

「日々の心いろいろ」よりこの薔薇も何か我慢してるのかな?


皆様々なストレスで体調不良になりますが、その中でも夫婦関係のストレスは大きいですね。

最近感じるのは、客観的に見て、相手の不平不満をぶつけるのは殆どが女性です(笑)。女性は常に発散してます。それは基本我慢強くないからですね。

男性からは不満というより、「もっと自由にさせてくれよ〜」という心の叫び(笑)が聞こえてきます。

男性は、たとえ奥さんがご飯を作ってくれなくても余り不満を言いませんね。勝手に食べてます。

小さい子達を見ていても、女の子は強いです。男の子はその強さを見極めながらちょっと遠慮がち(笑)。

女子が強くなると戦争になり難いと言いますが、男子の我慢が増します。正に現代。

やはり女性が強いのは子供を産むという役割が大きいからでしょうね。仕方ないです。

さて、男性と比べて我慢強くない女性が我慢を長く強いられると、ストレスが溜まり、やがて離婚に発展します。

男性は我慢強いので、女性より自分が我慢してるうちは離婚にはなりません。

でも、男性は陽的な要素が強いので、当然自由を女性より好みます。結婚したら自由が制限されますが我慢します。

我慢の限界が来たら、身体に症状が出てきます。これは男女共に。その辺、家庭の事情が様々なので色々大変ですが適度に発散しないと。

ではどうすればいいか…ですが、それは男女の違いを理解して上手くバランスを取る以外無いと思います。

男性は女性の不平不満を適宜吐き出させる、女性は男性を縛り過ぎない…これかな。

女性はとかく自分が一番我慢してると思いがちですが、案外、元来自由な男性は、女性の我慢の倍我慢を感じてると理解して、

少し自由にしてあげたら良いかなと思いますね。



2016年08月29日(月)

北辰会夏季研修会に参加して。

画像(240x180)

今年初めて咲いた朝顔に万歳!


昨日は毎年開催される北辰会夏季研修会に参加しました。

午前中は新風副代表の解説付き実技のデモでした。今迄は代表の蓮風先生が全面に立たれてましたが、

気がつけば、ここ数年は新風副代表が前に。この自然な流れが最高です。流石です。

今年はすっかり副代表カラーの夏季研で良かったです。今後の展開も楽しみ。

午後からは、真空先生中心にベテランの先生方と打鍼実技の勉強をしました。

真空先生がふら〜っと漂いながら(笑)、眼力鋭く私達を見ながら指導して下さいました。

真空先生の基本的且つ本質的なアドバイス、本当に勉強になりました。今日も臨床に生きてます。

蓮風先生も全教室を回られ私達のする臨床を温かい眼で見て下さってました。感謝します。

終了後は懇親会で皆さんの生命力に圧倒されました!若い人が多い会なのでパワー半端ない(笑)。

私もそれに便乗して何やら喋り過ぎたみたい…T先生とM先生か犠牲者に(笑)。

総じてとても有意義でした。裏方で準備をされた先生方、講師の先生方本当にご苦労様でした。心から感謝致します。


2016年08月27日(土)

眼圧高く無いのに緑内障。

画像(240x180)

お花のウェーブ…


最近、よく眼圧が高くないのに緑内障と診断され来られる患者さんがおられます。正常眼圧緑内障ですって。40代以降の人で20人に一人いるそうです。

今日の患者さんも、眼圧を下げる薬を出されたようですが、高く無い人が更に眼圧を下げると今度は網膜剥離になるかも。。。と言われつつ使用されてるそうです。

医者が、「将来は失明のリスク大。治る事はありませんが、この薬で現状維持出来るかも知れません。」と言われ精神安定の為に服用してますとの事でした。

失明…治らない…誰でも専門医にそんな事言われたらショックです。

何を持ってその様な断定的な言葉を投げかけるのでしょうか。。。知ってる限り治ってないからでしょうけど。

患者さんは眼の症状の他にも色々問題があります。身体は繋がっていますので、緊張を解き全体のバランスを整えていけば、そんな断定的な言葉は必要ありません。

人によって勿論治癒しにくいものもありますが、寧ろ治りますと断定したくなります(笑)。

その様な言葉で心に緊張を与えては治るものも治らなくなります。医療者の一言は想像以上に重要ですね。

医療関係者は、心と体は繋がってる事実を認識して、人間の治癒力の凄さを信じて欲しいです。








2016年08月24日(水)

見守る事の大切さ。

画像(240x180)

自宅のたたみルームにて。


最近思うに、今は何でもかんでも手を出し過ぎかも知れませんね。

世の中が急いてるからでしょうか。何でも速いのがいいと思い過ぎてるからでしょうか。

何かしようかなとか、ゆっくり考えようと思っても横ヤリ(笑)が入って、答えを出しちゃったり。それも自分流のね。

これでは、自立心が削られて色んな情緒が育ちにくくなりますね。自信も無くなっちゃう。

この仕事の前に幼稚園で働いていましたが、よくこんなお母さんがおられました。「うちの子忘れ物が多いから朝怒ってばっかりです」と。

「お母さん、手を出さずに忘れ物させたらいいんですよ」とアドバイスしてました。忘れ物して困るのは本人ですから、困れば自分で気をつけます。

もう少し見守る余裕が必要だと感じます。ほっとくのでは無くて…信じて見守ってこそ自立心も安定すると思います。

怒られたり悲しんだりしてこそ心も深くなりますしね。焦らず見守ってあげましょう。




2016年08月19日(金)

オリンピックから充電中。

画像(240x180)

草花もいつも全力で咲いてます。


毎日オリンピックのお陰でかなり寝不足しています。皆さんもそうでしょうね。

心には勝つ事以外何もない…この真っ直ぐな精神と4年間の厳しい訓練で鍛え上げられたその姿は神々しいです。

勝っても負けてもひとりひとりの裏には凄いドラマがあるのでしょうね。

特に感動するのは亡き父母を思いながら闘ってる選手です。人にしか無い余りにも美しい心…

この深い魂のつながりを持てる人は強いですね。死しても尚。繋がりは益々深くなる。

私もたまにですが(笑)、鍼キチガイの厳しかった母が今の私を見たら何て言うかなと思います。

そんな風に母を思う時は、弛んでる時が断然多いですね。生死関係なく厳しい人が居るというのは本当に有難い事です。

父はユルユルでしたから出てきませんね(笑)お父さんごめんね。



【 過去の記事へ 】