実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2016年04月27日(水)

子供達にエネルギーのはけ口を。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

「日々の心いろいろ」より


毎日子供達が嬉々として来てくれる事が院の誇りです。も可愛くて可愛くてたまりません(笑)

特に2歳頃から5歳までの子供たちのエネルギーは半端なく凄いです。チビちゃんの存在感パワーは大人の何十倍です。

感性も大人の比ではありません。動物的感覚がしっかり残ってますので、自分にとって安全か否かは直感的に分かるみたい。

そんな子供達が、大人には考えられない内に秘めたエネルギーを発散出来ずにいると様々な症状が出ます。。

疳の虫、発熱、喘息、鼻閉、湿疹やアトピー、クローン病、脱毛、腎疾患等々…来られてます。

病の発症場所は、その子にとって弱い臓腑です。遺伝的にも。

直ぐ薬に頼りたくなる気持ち分かりますが、子供の治癒力を信じて欲しいです。勿論直ぐ止めれない薬も多々ありますが、子どもの強力な免疫力を削がないで。

精神的にも敏感に大人の感情を直ぐキャッチしますので、子供の病気から親は自分の生活を見直してみるのも大切です。

そして、この爆発的なエネルギーのはけ口を与えてあげて欲しいです。

親子の良い循環を生む鍼治療を大切な子供達の為に私も頑張っていきます。




2016年04月25日(月)

久々の「内経気象学」勉強会。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

今年はミニ薔薇が多数蕾を付けてくれてます。

画像(180x135)・拡大画像(480x360)

何時迄も枯れない花達。



2年ぶりに兄の「内経気象学」の講義が先週土曜日開催されました!皆んな待ち望んでました。

この勉強会、自由奔放そのもので、内容は本当に濃く重要な事ばかりですが、堅苦しさが全く無く、質問発言も自由でし易く、威圧感0です。素晴らしい。

講義は、内容膨大で書き切れませんが、季節病と気象病をリュウマチ、喘息、花粉症、アトピー、精神疾患等を例に考察、また春の眩暈の症例、春の倦怠感等を春の内経気象学の立場から考え、また、特別参加の島内先生の春の食養生等々、本当に楽しく勉強になりました!

心と体は繋がってますので、この喜怒哀楽の偏り(七情不和)が体に影響を及ぼす事は衆知の事実ですが、

七情不和と同じく、どれ程多く身体は気象の影響を受けているか、頷く所大でした。

その事は臨床家なら日々痛感してると思います。特に、この春から梅雨入りの時期は、脾の臓(消化器全般)が弱ります。

脾の臓は湿気に弱いからです。この時期に過食したり、もち米系のしつこい物や甘味物をパクパク食べたりすれば、次に来る夏バテは必然です。すると、夏の次の秋にも支障が出ます。

梅雨に入る前の養生(胃腸を守る事)がどれ程大切か…肝に銘じたいです。が、最後の飲み会では食養生は飛んでましたね(笑)


2016年04月22日(金)

多発する眩暈(めまい)と咳。

画像(159x180)・拡大画像(480x541)

元韓国語の先生からの写真です。本当にステキ…落ち着きます。



今年の春はめまいと激しい咳の患者さんが多発しています。

それぞれ機序は違いますが、共通点はどちらも上方の症状ですね。

東洋医学は「全体のバランスを診る」のが本筋ですので、上の症状ばかり起こるのは、上下のバランスの乱れと先ず考えます。

何らかの理由で上方に「気」が偏り過ぎてるか、または、下方が弱くて上方に「気」が偏ってしまったかです。真ん中の停滞もありますが…

ともかく、下方が弱い、イコール土台が弱いという事ですので不安定になるのは当然ですね。

今の日本と同じです。地面がグラグラ揺れて不安定です。人も自然の子ですから、影響が無いわけありません。

色んな条件(過ストレス、地震、不安感、気候変動等々)が重なって、皆さん気が上へ上へ上がり過ぎてます。

さて治療は、上へ上がり過ぎてるのを上から抜いて上下のバランスをとるか、
下を補って上下のバランスをとるかですが、
上をいじって治らないものは下を補う事です。真ん中を通じさせるもありですが…

先日、北辰会の勉強会で講師のH先生が前日も酷い咳で大変だったらしく、当日の講義前も咳き込んでおられました。

頭を触ると凄い熱感…可哀想…。でも講義の前にある先生に治療をして貰ったらしく、咳がピタリと止んで、講義も流暢にされててビックリです。咳き込む気配も無かったとの事。。凄い!

それも、下方のあるツボに翳し鍼をしただけです。北辰会には本当に名医が沢山おられます。




2016年04月19日(火)

他人事では無い地震。

画像(240x180)・拡大画像(640x480)

「日々の心いろいろ」より(幾夜寝覚)


熊本の地震がまだ続いています。
被災された方の御心労如何許りでしょうか。

私も阪神淡路大震災に直撃しましたので思い出しました。しかも、今回の地震の余震回数は阪神淡路との比ではありません。

21年前、まるで洗濯機に入れられたか、爆撃を受けたか程の酷さで、地震とは直ぐ理解出来ない状態でした。何のことか分からない感じ…

余震が来た時に、初めて本当の恐怖心が起こったのを覚えてます。死という恐怖です。

それが今回は何百回も起こってるわけです。眠れず、食べれず、排泄も我慢、プライベート無し…人間の究極のストレスが一度に押し寄せ現在も続いてる状態。

一刻も早く終息する事を祈らずにはおられません。他人事では無いです。

南米でも同時期に大震災が起こり、この地震の前にも三田や和歌山でも揺れ、日本を中心に地球全体が動いてます。

誰も油断しないで欲しいです。先ず一番大事なのは水の確保です。お風呂のお湯は流さず常に満杯にして置いておきましょう。

物が倒れてくる落ちてくる場所には寝ない事です。私も昨日、ベットの枕上にある大きな絵を外しました。

自分の考える防災グッツを寝る場所に置いとくとか色々ありますが、ひとりひとり考えないと。

原発も即刻止めるべきです。想定外ばかりの今の現状を甘く見たら取り返しのつかない事になります!危機管理が貧弱な日本ですから。

ともかくも、自然は人間をどこまで試すのでしょうか。それでも、人間の智慧と根性の方が上手です。油断なく皆さん生き抜いて下さいね。


2016年04月18日(月)

手作りの東洋医学ミニ講座。

画像(132x180)・拡大画像(420x570)

ちらし毎回作ってます。

画像(180x119)・拡大画像(420x279)

新入生の甥っ子紹介。

画像(180x120)・拡大画像(420x280)

賢い女医さんみたい。



先週土曜日は昨年から始めた『東洋医学ミニ講座』6回目を開催しました!

もう皆さん恒例になって、チラシ配布から1週間で定員に達します。有難い事です。今回はネットからも申し込みがありました。同業者の先生方も何人かご参加下さいました。

今回は「春と梅雨の過ごし方」をテーマに。
4月で体制が変わりましたので、鍼灸師の甥を始めスタッフを紹介し、

私が、東洋医学の整体観について…人体は最高にバランスのとれた統一体で完成品、だから病気に抵抗する力があり、治癒力がある事、心と体は繋がってる事等々を話し、

また、「気」は形無きエネルギーでありパワーで、この気の通り道が経絡である事、「以表知裏」とあるように内の状態が外(ツボだけで無く凡ゆる所)に現れる等の話しをしました。

次に、平野先生が肝の臓について。皆さんに肝についてのチェックリストをしてもらい、その後、分かりやすく肝の臓象や機能の話をし、

続いて、吉田先生が、脾の臓について。これも脾の臓に関するチェックリストをとり、脾の臓の機能についてお話ししました。

最後に私から肝の臓と脾の臓についての養生をお伝えし終了。

皆さん本当に熱心にメモを取られ1時間白熱教室になりました(笑)

狭いので患者さんとの距離も近く、全て手作り、アットホームで良かったと好評で、毎回開催して良かったと思います。

これからも、東洋医学の素晴らしい智慧を皆さんに分かりやすくお伝えしていきます。


画像(180x120)・拡大画像(420x280)

緊張の中にも落ち着きが。

画像(180x120)・拡大画像(420x280)

経穴人形の腕が外れて爆笑に。。。

画像(180x120)・拡大画像(420x280)

和気あいあいの楽しい講座でした。


【 過去の記事へ 】