実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2013年09月29日(日)

126.分かってるつもり

画像(180x118)・拡大画像(640x423)
画像(180x118)・拡大画像(640x423)

患者さんの背景…当然ながら実に様々です。

問診で語って下さる事は、氷山の一角、真実の思いで無い事もあります。

そんな中、分かってるつもりだった…のに、実は、全く気付いて無かった…という事も多々あります。

反対に、自分より他人の方がよく分かる事も、多くあります。

様々な思いが入り混じり、複雑そうな、単純なココロを抱えてるのが私達です。

こんなココロを知るほどに、謙虚になり、好きになり、許しも許されもし、興味がいつ迄も尽きません…ね。



2013年09月27日(金)

125.こんな至福の時

画像(180x118)・拡大画像(640x423)
画像(180x118)・拡大画像(640x423)

私は、ほぼ毎日、自分に自分で鍼をします。それも夜中、静まりかえった真っ暗な中で。。。ちょっと怖いですよ。

鍼が、身体が望んでるツボに、1ミリのズレも無く、ピタッとはまった時のあの感覚…凄いのです。

鍼先から様々な事を感じます。
例えば、五味(酸•苦•甘•辛•鹹)を感じたりもします。

自分がその時に必要な味なのでしょうか。実際に味覚を感じるわけではありませんが…

今日の私の身体は、「甘み」を望んでいたようです。

鍼先から、温かくて、優しい甘みが必要なところに広がっていきます。

何て心地よいのでしょうか。これが、ささやかな、私の至福の時間です。

2013年09月25日(水)

124.気が動きにくい?

画像(180x118)・拡大画像(640x423)
画像(180x118)・拡大画像(640x423)

気が動きにくい方。。。当然、おられます。病が頑固か、気の停滞を起こす要因があるか、養生を守っていないか、術者任せか、せっかちか、こちらの技術が乏しいか、間違っているか…また、大きく変化するには、それなりの時間を要する為か…まだまだ有りますが。。。

その理由を考えます。理由無くして、気が動かない事はあり得ないのです。

明確な理由が分からない場合、一番大事な事は、体表観察です。

ツボの状態には、ウソがありません。いくら、患者さんが迷っても、こちらが悩んでも、心動かさず、素直に体表を観察してツボや脈に尋ねてみること。これが師匠の教えです。

その上で、虚(何らかの弱り)が中心であれば、ある程度補われる迄、症状緩和は遅く、

実(何らかの過剰の邪)が中心ならば、気の動きは速く、症状緩和も速いのです。

さて、ある疾患、脾腎の虚が今は中心、ここをしっかり補いながら、疾患のストレスと性格を鑑み、ほんの少し実を叩く…そんな治療に切り替えます。

全ての臨床は、決めてこそ、結果は現前と出ると信じます。たとえ、気が動かない理由が複雑であったとしても、優柔不断では何事も進みません。

この真剣勝負こそ、日々、勉強になるのです。こうして、私、段々、男らしくなっています…

2013年09月23日(月)

123.不思議なお手紙

画像(180x118)・拡大画像(640x423)
画像(180x118)・拡大画像(640x423)

先日、昔々お世話になった方からお手紙が届きました。お手紙を頂戴したのは初めてです。

この方は、私の後輩のお父さんで、人柄の良さ、慕われ度合いは半端ない人格者です。

受け取った、そのお手紙の字体…いつもと違います。

早速、全ての予定を変更し、お会いしに飛んで行きました。10年以上ぶりでしょうか。

大病をされ、死の淵から生還されたばかりでした。それも、今回だけでなく、何度も死を乗り越えておられました。

なのに、話される勢いのある声、記憶力、お顔の色つや…驚きました。何時間話されたでしょう。それはそれは楽しそうに。

人生途上、何が起こるか分かりません。だから、鍛えられもし、楽しくもあるのですが、

何があっても、一貫してる人は、最終的には、本当に天が祝福し守るんだと、改めて目の覚める思いがしました。

私の心に、何か大切なものを教えて下さるために届いたようなお手紙…

この出会い、不思議な再会、どう感謝していいか分かりません。どうかどうかお元気で。

2013年09月21日(土)

122.突然やってくる決断

画像(180x118)・拡大画像(640x423)
画像(180x118)・拡大画像(640x423)

先日も、ある患者さんの「迷い」をお聞きしました。かなり深刻な内容です。

色んな方の意見を聞くほどに、余計に迷ってしまうパターンでした。

私も、色々迷ったりしますが…と言うと、え?先生も迷うんですか?と驚きの声。。。

そんなに決断力があるように見えるのでしょうか。それは、錯覚です。

迷いますよ。でも、ある程度迷って、結論が出ない場合は、ほっておきます。すると、突然、決断する時がやってくるんです。とお答えしました。

迷っているうちは、無理に決めようとしない事も大切です。

数日前、本当に、突然、決断した事がありました。仕事の件ですが。

この決断してからの速さ、我ながら驚きます。それも、今まで考えていた事の執着も無く、具体的な構想も無く、決断だけが走って行きます。

慎重な方からすれば、危なっかしいと思われるでしょうが、ピタッとハマるか、ハマらないかが、私にとっては重要なのです。ハマった…時です。

小さな事も、大きな事も、失敗も、成功も、自分が決めた事の連続が今の自分です。

限りなく楽観的に進みましょう。


【 過去の記事へ 】