実千代鍼灸院TOP > 院長のブログ

院長のブログ 実千代院長の最新ブログ

2018年09月07日(金)

1、「逆子」 [ミニ症例]


30代前半、妊娠33週目。逆子体操、自宅灸(三陰交、至陰)を1週間続けるも戻らず来院。下肢のむくみ、冷えが随伴症状。妊娠前から夜間尿、冬以外寝汗が酷く、起立時に度々フラつく。
産休に入ってからスマホ時間増、運動無し、髪のパサつきが目立つ。

下半身が冷えて停滞し、背部の実の左右差が顕著。
背部の左右を整え、下半身が温まる様に鍼を施す。足の冷えが強かったため、「申脈」左側に短鍼2番を一本。

一回の施術で背中の左右差が整い、足がポカポカになる。申脈には、太陽膀胱経と少陽胆経が関わっている為有効と考える。
計3回「申脈」、4診目に「神門」に鍼を施し、逆子は無事定位置になった。合わせて寝付きが良くなり背中が軽くなったと自覚。

「諦めた 逆子に 最後に託す 鍼治療」by 実千代