症例

2015年04月24日(金)

不眠症 [その他]

主訴:不眠 50代女性
初診日:平成26年10月中旬

【現病歴】
5年前から夜間尿(1〜2回)出現により途中覚醒するが、すぐに眠れていた。
2年前、クッシング症候群発症後から入眠困難が出現、さらに中途覚醒後、眠れなくなる。
ここ2、3ヶ月は尿意を感じる前に、目が覚めるようになった。(一晩に2〜3回)
1ヶ月後、旅行予定それまでに眠れるようになりたいと来院される。

増悪因子旅行前日(眠ろうと頑張るため、一睡もできないこともある)
       仕事前日(30分から1時間眠れず)、旅行中。
緩解因子:眠れなかった翌日のみ疲れてよく眠る。

その他の症状:幼少期から便秘傾向(緊張や環境変化で増悪)、腰痛(重だるい)、下肢のむくみ、耳閉感、耳鳴り、目のかすみや疲れ、運動時の動悸、目のかすみ、立ちくらみ。
体調のことで思い悩むことが多い。

【各種弁証】
八綱弁証:裏(表証無し)・実(心気鬱)・虚(腎虚・血虚)
臓腑経絡弁証:心(不安感、顔面診心白抜け、左心兪実、左後渓実)、
腎(腰痛、夜間尿、耳鳴りと耳閉感、顔面診腎黒、左照海虚、左太溪虚、腹診右大巨虚)
気血津液弁証:気鬱(心配事があると眠れない)、血虚(爪甲淡白、運動時の動悸、目のかすみ、立ちくらみ、眼瞼痙攣)


【治療方針】
患者さんは、真面目で根を詰めて頑張る性格の為、心身共にゆったり出来ず、身体が疲れていても、神経が立って昼寝が全く出来ません。

ご自分の健康状態に対して不安を持ちながらも、心神(精神)のリラックスが少ないので、心気が鬱っしてる状態と思われます。

その様な状態が長く続いている所、年齢的にも腎気の弱りによる夜間尿等が始まる等、下焦の弱りがみられるようになり、益々心気を昂らせ、廻りを悪くした為に不眠になったと考えました。

腎虚や血虚の症状所見はあるものの、昼寝が出来ない事、不眠でも朝から直ぐ行動に移せる事、食欲が有る事、体表観察所見等と併せ、虚もウエートを占めてるものの、実中心に治療をしてみる事にしました。

【証】心気鬱>腎虚

【配穴と効果】
1診目から3診目迄:後渓穴実側。
5診目から8診目迄:太衝穴
9診目:照海穴

【治療効果と考察】
3診目から朝の6時前頃まで眠れるようになってきました。2年前から朝まで眠れなかったのが、このように、直ぐ結果が出るものは、実中心と考えられます。心気の欝滞をとることによって改善され、1ヶ月後に控えていた旅行でも良く眠ることが出来たようです。

しかし、この患者さんは、実中心といっても虚のウエートも大きいため、5診目から虚を補いながら実を瀉す治療法にしました。

このように、実際の臨床では、虚と実が錯雑している場合が殆んどですので、問診と体表観察を併せて、経過を見ながら、その後の陰陽のバランスを考えていくことが大切になります。

また、この患者さんは、当初、鍼灸治療に半信半疑で、お顔も不安気、マイナスな発言が多かったですが、治療する度に徐々に変化がみられました。

不眠の患者さんが非常に多い現代ですが、不眠に対する鍼灸治療の効果は絶大です。


2013年04月24日(水)

浮腫(むくみ) [その他]

岸和田市在住 女性 43歳
主訴:浮腫(むくみ)特に両下肢
初診日:平成25年1月上旬

(現病歴)
2年前に骨髄バンクドナー提供した3ヶ月後から、施術場所の左臀部が歩行時しびれだし、左足外側を通り、足首まで痺れが出現し、両方の下半身がむくみ出す。(右>左)、張った感じがあり、冷たく重く感じる。靴下の跡が残る。最近は顔のむくみも気になりだし身体は怠い。雨季や雨の日が特に辛く感じる。他覚的には、脛骨を押さえても凹みは戻ってくる。

(負荷試験)
入浴 スッキリして疲労感が取れる。体のだるさもマシになる。
運動 ウォーキング1時間半でスッキリするが、足が痺れ出すので最近余り運動していない。昼寝をすると体のだるさが増し、動き出すと楽になってくる。

(その他の症状)
・ここ半年の間、月経周期が短くなり、月経期間も6日間から4日になる。
・油物を食すると必ず口内炎ができる。
・飲酒量が多いと翌朝に泥状便(1回のみ)
・ストレスが多いと、過食になり昨年夏に4キロ体重が増える。
2、3ヶ月前から嫌な夢をみてその後寝付けないことがある。
・尿回数は多く10回で量も多い。夜間尿1回。
・汗は少なく、水分摂取量は1日2リットルでミネラルウォーターを主に飲む。

(体表観察)
舌診:淡紅舌、白膩苔、歯痕有り(舌の両方の縁の歯型)
脈診:1息4至半、枯脈。
腹診:心下、左脾募、胃土、右肝之相火。
背候診:右厥陰兪と心兪虚中実、左肝兪から腎兪にかけて実。督脈上の圧痛霊台から命門迄
原穴診:左合谷、太衝、後溪実。右衝陽虚。

(診断と治療)
舌の状態、体表観察情報、入浴運動などの負荷試験情報から、脾(胃腸)の弱り等があるものの、そこが病理の主でなく、気の滞り(気滞)が体の水はけを悪くしているものと考えた。(水分代謝には脾、三焦、腎などが主に関係する)

ドナー提供時に臀部に刺激を与えた事や、冬で汗をかかず発散が少なかった事、ストレスなどが重なり、気の停滞が普段より増した事によって発症した浮腫と診断。

(治療結果)
初診時の治療で熟睡感が得られ、3診目には足の腫れた感じが減少してくる。6診目には顔が引き締まりむくみがとれてくる。同時に、普段から感じていた腰痛も消失。

(考察)
治療を重ねる度に、下腿や顔などを始め、体全体が引き締まり、ドンドン綺麗になっていかれました。舌の腫れぼったさも、無くなりました。2年も悩んでおられた浮腫みが、このように早期に改善された事は、動きの速い肝の蔵の「疏泄(そせつ)作用」が鍼によって、動き出したという事です。つまり、気の停滞が本来排泄されるべき水分までストップさせていたのです。

あとは、自分に優しく、自分を責めないで仕事に取り組めるようにできれば、気がひどく停滞することはなくなってきます。
普段よりよく運動して、気の停滞を起こさないようにする事が大切です。気が停滞すれば、ご自分でも何か詰まった感じがしますので、その事を感じれる程の身体の状態を保って欲しいです。

症例検索



カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0 powered by a-blog

[ Login ]

spモード